インフルエンザノ流行期になりました
 国立感染症研究所によりますと、今月10日までの1週間に全国およそ5000の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、前の週の2倍以上に増えて9964人となりました。この結果、1医療機関当たりの患者数は2.02人と流行開始の目安とされる1を超え、国立感染症研究所は、今月15日インフルエンザが全国的な流行期に入ったと発表しました。

本校では,1/13(水)より 1名の生徒がインフルエンザ出席停止の措置をとりました。
ウイルス性の胃腸炎で早退,欠席する生徒も出てきました。
本校の生徒は,マスクの着用がよくできております。 手洗い うがいも 忘れずにおこなって下さい。
   次のような症状がある場合は,ご家庭での朝の検温をおねがいします。
 
1/21(木) 「茨城県よい歯の学校」として表彰されました

 1/21(木) 茨城県民文化センターにて茨城県医師会より 「茨城県よい歯の学校」として表彰されました。本校のたくさんの活動もさることながら,日常での生活の重要なテーマである「口腔の管理」がよい,と評価されました。
    
 ここで,本校と全国の口腔の状態を比較してみます。表1から,未処置のある者の割合が低く,う歯のない者の割合が高いことから,保護者による他律的健康管理が十分にされていることが示唆されます。
 高等学校は,集団として「歯の健診」をおこなう最終段階です。これからは,自立的に歯の健康管理もおこなう時期にあるといえます。
 眠る前に「歯を磨かないと気持ちが悪い」と感じてしっかり歯磨きすることというすばらしい習慣が保護者の方のお陰で身についています。これからも,毎日の口腔ケアと1年に1度,歯周病のチェックを続ける(誕生月にする)など,口腔の健康維持に留意して下さい。8020(80歳で20本の歯がある)めざして行きましょう。
 歯科医師会長は,歯周病のことにふれ「入院患者さんの口腔ケアを行うと,入院期間が短くなる。歯周病は生活習慣病とも関係が深く,口腔の健康状態をよく保つことは生活習慣病の改善につながり,健康と直結している」と,話されました。
 
 表1平成26年度「歯科検診」結果(全国は平成24年度結果)
                   単位:% n=952   
  全国平均
 竹高
 未処置値
のある者
25.3 3.5 
 処置完了者

32.3 36.8 
 う歯のない者

42.4 71.2 
 歯周疾患罹患者

5.3 0.1 
 歯周病疾患
要観察者
 
 0.3
 
教室の換気について注意して下さい
教室でのストーブノ利用がはじまります。一時間に1~2回 区教室の空気を入れ換えましょう。
10月の定期試験中に実施した環境衛生検査(一酸化炭素,二酸化炭素,揮発性有機化合物,騒音,照度,実施)では,誰もいない教室で素の状態でおこない,二酸化炭素:100ppm以下,一酸化炭素:検出なし,どの項目も基準値を下まわっていました。

     【放課後の教室】        【ガス検知管 CO,CO2】   【揮発性有機化合物測定器】     【騒音計】
さて,教室の二酸化炭素をみていきましょう。下の表は平成26年度12月に生徒が生活している状況での,二酸化炭素の値です。3時限終了後が,ぐっとさがっているのは,
2時限と3時限に差があるのは,3時限目が移動教室で,換気が自然におこなわれていたためです。人の呼気と教室の換気が関係しているようです。学校環境衛生基準の「換気」の基準は,「二酸化炭素は1,500ppm以下が望ましい」とされています。これは二酸化炭素濃度が直接人体に悪影響を及ぼすのではなく,教室内の換気の指標として規定されているだけです。換気が不十分だと教室の条件によっては,細菌,ウイルスなどの微生物の増加が心配されているからです。1時間に1回は窓を2カ所あけて空気の入れ換えをおねがいします。

CO2濃度

ガス探知器による計測

1時限終了後

1,000ppm

2時限終了後

1,000ppm

3時限終了後

500ppm

4時限終了後

1,000ppm

11/24(火) 教室にストーブが設置されます。換気に注意して使用下さい 【保健厚生部 11/24】
 
インフルエンザ予防接種は,受けましたか。  【保健厚生部  11/12】
 
 みなさん,体調はいかがですか。
さて,11/12の竹高プログでお伝えしたように,欠席や保健室利用の症状に頭痛,のど痛,咳,鼻水など「カゼ症状」がたいへん増えています。本格的な冬が来る前にインフルエンザ予防接種をうけてくださいね。
 下のグラフは,インフルエンザ罹患者数を年度・学年別に表したものです。グラフから平成25年度,26年度ともに3年生の罹患者が他の学年と比べて非常に少ないことがわかります。平成25年度の2年生は26人と多かったのですが,進級後の3年生の時には1人です。毎年,11月に「インフルエンザ予防接種をしましたか?」と尋ねると「痛かったけどしてきました」「予約入れました」と返事がかえってくるのは,3年生に多くいます。なかには,「今年は家族全員で受けました!」と得意顔で答える生徒もいました。やはり,3年生は受験を意識して予防接種を積極的に受けているようです。
 

        
   
 眠・食事を十分にとり 手をあらう うがいをする」こちらも忘れずにお願いします。
 
学校感染症に罹ったら・・・・担任までまずご一報ください



保護者のみな様へ




インフフルエンザ等の出席停止について(通知)

 

 平成244月に学校保健安全法施行令が一部改正されました。

とくに,学校感染症に関する項目でで「インフルエンザ」の出席停止の期間が「解熱した後2日を経過するまで」から「発症した後5日を経過し,かつ解熱後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」となりました。

本校では,保護者からの欠席連絡の理由が,表1にあたる場合は,感染症予防の観点からすみやかに出席停止開始とします。

「インフルエンザ」は,別紙様式1,その他の学校感染症は別紙様式2を保護者が記入し,医療機関受診日が確認できる書面(医療機関の領収書,服薬の説明書等)の写しを添付して,登校可能時に提出してください。
 様式1,2は,本校Webページに掲載しておりますので,ダウンロードして御活用ください。
    
    出席停止 証明 Web用.pdf


 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立竹園高等学校