いばらき教育月間 授業公開を実施しました。

11/2(月)に,いばらき教育月間 授業公開を実施しました。当日はあいにくの雨模様で,足下の悪い中,地域の方,保護者の方,高校の先生方に参加頂きました。通常の授業や4クラスの「道徳」の授業,1クラスのクロスカリキュラムの授業を見て頂きました。お忙しいところのご参観ありがとうございました。

            
 

つくば市とのクロスカリキュラムを実施しました。

つくば市とのクロスカリキュラムを実施しました。〔11/4(水)企画部〕
11/2(月)の授業公開でつくば市とのクロスカリキュラムを実施しました。
クロスカリキュラムとは本校が今年度より取り組んでいる教科横断型授業です。「竹園高校生が考える“将来の自分”ד将来のつくば”~つくば市人口ビジョン,まち・ひと・しごと創生総合戦略とともに~」というテーマで,つくば市役所の協力をいただき,1学年で実現したものです。
 きっかけは,つくば市が市内の高校生向けに作成する,少子化対策のパンフレットの素案づくりに本校生が協力したことです。さらに,1年生は,現在,家庭基礎で家族やライフプラン,育児について学んでおり,また,現代社会で少子化社会についても学ぶことから,これらの科目とつくば市が連携する方式での授業となりました。
 まず,つくば市役所ひと・まち連携課の塚本さん(本校の卒業生です)より,つくば市の人口の現状と今後の見通し及び,先日公表されたばかりの施策「つくば市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の概要について説明していただきました。今後,懸念される少子化(人口減少)による地域経済の縮小や,東京圏への一極集中などに対して,『しごと』と『ひと』の好循環とそれを支える『まち』の活性化などについてグループワークを行い,話し合った政策を提案しました。生徒たちからは,保育園の増設や,交通機関の充実,つくば市周辺部の活性化,雇用の創出など,さまざまな意見が出され,最後に,塚本さんよりコメントをいただきました。
 生徒の感想からは,自分自身の生き方について,「まちづくり」という視点から見つめ直すよい機会になったことがうかがえ,大変貴重な機会となりました。
 企画の立案から,授業の実施にいたるまで,ご尽力いただいた,つくば市役所の方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。

 また,11/3(火)付けの常陽新聞にこの授業の記事が掲載されていますのでご覧下さい。





 

平成30年度パンフレット


表紙(pdfファイル:0.5Mb)
2,3ページ(pdfファイル:1.0Mb)
4,5ページ(pdfファイル:1.2Mb)
6,7ページ(pdfファイル:1.7Mb)
裏表紙(pdfファイル:0.5Mb)
 

住所

〒305-0032
茨城県つくば市竹園3丁目9番1号
TEL 029-851-7515
FAX 029-852-5533
代表メールアドレス
koho@takezono-h.ibk.ed.jp
 
国体

 

掲示板QRコード

QRコード
 
 
COUNTER536195
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立竹園高等学校